うちわの種類

うちわと一言にいっても、実はうちわにも色々な種類があります。

まず、うちわの形についてです。

中満月、京丸、七八タキ、昭和、一文字など、うちわの骨となる部分、穂骨の形によって分けられます。

柄の部分も、丸柄といって、竹を丸いまま利用しているもの、平柄といって、竹を割って平たくしてあるもの、組みといって、細くわった竹を組ませているものがあります。

わたしたちは普段、プラスティックの柄のうちわを多く目にすると思いますが、うちわはもともと竹と和紙で作られていました。

竹と和紙で作られたうちわは本当に風情あって、それだけでも涼しげな印象です。

竹で作られた様々な種類のうちわは、なかなかお店などで見つけることができませんが、最近ではうちわ印刷キング(http://www.utiwaya.com/)で購入したり、ネットで製作の様子を知ることができますので、興味のある人はサイトを覗いてみてください。

  • Posted on 24. 3月 2013
  • Written by firstuser
コメントは受け付けていません。

Comments are closed.